タミフルを服用する女性の写真

タミフル使用ガイド

タミフルといえば一昔前に、子供の異常行動で話題になったので覚えている方も多いかと思います。危険な薬かと思われますが、成人が服用するには何も問題ありません。こちらではタミフルについて詳しく解説していきたいと思います。

タミフルは服用が早いほど効果が高い

タミフルは異常行動などのニュースからも有名になったインフルエンザの特効薬で、日本では最も使用される抗インフルエンザウイルス薬となっています。
インフルエンザは喉の粘膜から細胞内に侵入すると、遺伝子を複製して別の細胞に移動して行きます。
この行動をウイルスの増殖と呼び、インフルエンザA型およびB型はノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を使って、細胞から離れるようになっていますが、タミフルの成分であるオセルタミビルはノイラミニダーゼを阻害することで、ウイルスの遊離を抑え細胞内に閉じ込めます。
その結果、ウイルスの増殖を抑え全身に症状が現れるのを抑え、症状の改善やインフルエンザの回復を早める効果があります。
服用は症状が現れてから48時間以内を限度とし、それ以降ではウイルスが全身に広がっているため、ほとんど意味がないものとなります。
逆に早ければ早いほどウイルスの増殖を抑えられるので、インフルエンザの可能性がある場合や、少しでも症状が現れた場合はすぐに服用するのが良いと言われています。
発熱はウイルスが体内で異物として扱われるため、急激な体温の上昇を行いますが、ウイルスが少なければそれだけ発熱も抑えられます。
その他の症状もウイルスの量に比例するので、タミフルの服用の早さが症状の軽さへと繋がるのです。
病院でインフルエンザの検査を受けて陰性という結果が出ても、感染の流行などから医師が必要と判断した場合に処方することがありますが、これもすぐに服用ができるようにするためです。
症状が軽減されれば回復も早まるので、インフルエンザに感染したと感じたら早めに検査を受けて、タミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうようにしましょう。