タミフルを服用する女性の写真

Hacked by 3lectro From Team_CC

タミフルと吸入方法の理解が進んだ吸入薬と定点観察

インフルエンザの治療において有効性の高い医薬品が登場したことは多くの人にとって救済となるものでした。しかし、有効性の高い医薬品として初めて市場に登場したものは吸入薬であったためになかなか普及しないという問題があったのも事実です。吸入薬は日本ではあまり流通していなかったことから、その吸入方法が不安になることも多く、限られた人しか使用しませんでした。しかし、経口薬であるタミフルが同様のメカニズムでインフルエンザを治療する医薬品として登場したことにより状況が一転しました。タミフルの有効性がよく知られるようになったことで、吸入薬である他の治療薬についても目を向けられるようになったからです。特にタミフル耐性のインフルエンザウイルスが確認されるようになってからは吸入薬にも注目が集まり、吸入方法についての理解も進められました。専用の吸入器を用いる特殊な吸入方法のものもあるものの、使い慣れてしまえばそれほど難しいものではないということが知られるようになってきています。その有効性についてもそれぞれの医薬品で定点観察が行われてきたことによって確かなものとなり、タミフルと並んで吸入薬も広く使用されるようになっています。インフルエンザの流行やその治療における定点観察が広く行われてきた背景にはタミフルによる異常行動の疑惑が発生したことも大きな影響があります。定点観察が行われることによってその因果関係を立証しようとする動きがあったためですが、現在の見解としてはその因果関係は明らかではないとされています。しかし、依然として異常行動の危険性はあるかもしれないというのが一般的であり、小児への使用では注意喚起が行われています。